ロタウイルスワクチンが令和2年10月1日から定期(公費)予防接種となります。
 ロタウイルス胃腸炎は感染力がとても強く、乳幼児のうちにほとんどの子どもが感染します。生後すぐに感染する場合もあるので、早めに予防接種を済ませましょう。

【対象者】
 令和2年8月1日以降に生まれたかた

【注意】
 7月31日以前に生まれたかたは、2回目以降の接種が10月1日以降となる場合でも定期接種の対象になりません。
 また、未治療の先天的な消化管障害のあるかたや、過去に腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)をおこしたかた、重症複合型免疫不全(SCID)のあるかたは対象になりません。

【ワクチンの種類と接種回数】
 ロタウイルスワクチンは以下の2種類があり、どちらも生ワクチン(弱毒化したウイルス)で、飲むタイプのワクチンです。予防効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なります。必ず、すべての回で同じワクチンを選択してください。
 どちらも初回接種は[出生6週(標準的には2か月)~14週6日]までに開始しましょう。

〈ロタリックス〉
 接種回数:2回(27日以上の間隔)
 2回目の接種は出生24週までに完了させる。
〈ロタテック〉
 接種回数:3回(27日以上の間隔)
 3回目の接種は出生32週までに完了させる。

【8月1日以降に生まれたお子さんで9月末までに任意接種をされた場合】
 任意で接種した場合は、公費助成の対象となりませんのでご注意ください(費用の払い戻し制度もありません)。

※関連
【厚生労働省リーフレット】
>>詳細はこちら
【三鷹市ホームページ】
>>詳細はこちら