今週の注目感染症 平成29年・23週(6月5日~6月11日)

・咽頭結膜熱の定点当たり報告数は過去10年で最も高い値となっており、今後も増加する可能性があります。
・A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎、手足口病、流行性角結膜炎は一部地域で報告数  の増加が見られ、今後の動向に注意が必要です。

【東京都感染症情報センターより参照】
(平成29年6月15日更新)